ビル管理会社で支給される8つの手当とは【意外と重要!】

多くのビル管理(ビルメンテナンス)会社の給料には【手当】が付きます。

意外と貰える手当も多いので、毎月の給料に大きく関わってくるんです。

本記事では、ビル管理会社で支給される手当について徹底解説しています。

こんな方にオススメの記事です

  • これからビル管理会社へ転職予定
  • ビルメンって給料低いって聞くけど、手当が無いか知りたい
  • 資格手当以外にどんな手当があるのか知りたい

それでは、早速見ていきましょう!

ビル管理会社で支給される手当とは

ビル管理(ビルメンテナンス)会社で支給される手当には以下のようなものがあります。

  1. 時間外手当
  2. 深夜手当
  3. 住宅手当
  4. よく分からない手当(特別手当など)
  5. 役職手当
  6. 資格手当
  7. 選任手当
  8. 宿直手当

それぞれ具体的に解説していきます。

時間外手当

時間外手当とは残業代のことです。支給されて当たり前の手当ですね。

ビル管理の仕事は交代制なので、残業することはそんなに多くはありませんが、残業をすれば支給されます。

現場によって仕事のきつさも変わるので、配属される現場によって時間外手当の額は結構変動します。

巡回型ビルメンなんかは車での移動もあるので、残業が多くなる傾向にありますね。時間外手当で稼ぎたい人にはオススメですが、きついです。

反対に暇な現場に配属されれば、月の時間外手当が0ということも珍しくありません。

関連記事:【注意】現場によってはビル管理って全然 楽じゃないですよ

深夜手当

深夜手当とは、22時から翌朝の5時までの合計7時間の間で勤務した時に支給される手当のことです。

ビル管理の仕事は宿直勤務があるので、深夜手当が貰えることが多いです。

特にホテルや病院など夜間作業が多い現場だと、深夜手当が多くなります。

反対に夜間作業が少ないオフィスビルなどは、22時から翌朝の5時が仮眠時間になることもあります。その場合は、深夜手当は支給されません。

僕もホテルビルメンをしていた時は深夜手当は結構貰っていましたね。

関連記事:きついと有名なホテルのビル管理の実態とは【本音で語ります】

住宅手当

住宅手当を支給してくれるビル管理会社もあります。

会社の規模にもよりますが、系列系の大手のビル管理会社になるほど住宅手当は手厚い傾向にあります。

他にも社員寮を完備していて、格安で入ることができる場合があります。

関連記事:ビル管理業界の系列系と独立系の違いを比較してみた

よく分からない手当(特別手当など)

給料明細を見ると、良く分からない手当が付いている場合があります。

  • 特別手当
  • 調整手当
  • 職務手当

こんな感じのやつです。貰えることに越したことは無いので良いですが、、、謎です。

役職手当

役職が上がると役職手当が加算されます。

  • 主任
  • 副責任者
  • 責任者

こんな感じで、現場の中でも役者がついていくので、一定の役職になれば役職手当が貰えて給料が増えます。

資格手当

ビル管理(ビルメンテナンス)業界は資格が重要視されるので、資格手当が支給されることがほとんどです。

  • 2級ボイラー技士:1000円
  • 第2種電気工事士:2000円

上記は例ですが、こんな感じで資格ごとに資格手当の金額が定められています。合計した金額が毎月の給料に資格手当として支給されます。

ビル管理会社によって資格手当の額や制度は違うので、持っている資格が同じでも、資格手当の金額は変わります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ:ビル管理業界の資格手当を公開します【相場はどのくらい?】

選任手当

選任手当とは有資格の人が責任者として選任された場合に支給される手当のことです。

例えば、面積3000m2以上(学校は8000m2以上)の特定建築物においては、建築物環境衛生管理技術者(ビル管)の資格を持っている人を選任しなければいけません。

建築物環境衛生管理技術者(ビル管)の資格を持っていて、選任された場合は資格手当とは別途に選任手当が貰えます。

ビル管以外にも、電験主任技術者やボイラー技士など選任手当が貰える資格は色々とあります。

関連記事:ビル管とはどんな資格?独学で合格する為の勉強時間と方法とは

宿直手当

宿直手当とは宿直勤務を1回するごとに貰える手当の事です。

月の宿直勤務の回数が6回あったとしたら、6回分の宿直手当が貰えます。

僕自身2社ほどビル管理会社を経験していますが、どちらの会社も宿直手当は2,500円でした。

6回宿直をすれば、15,000円の宿直手当が貰える計算です。

大体月の宿直勤務の回数が6回~8回くらいなので、宿直手当は結構大きいです。宿直中に深夜勤務があれば、さらに深夜手当も加算されます。

関連記事:【24時間勤務】ビル管理の1日の流れについて|夜勤は宿命です

給料の中で手当が占める割合が大きい

上記ではビル管理会社で支給される手当について解説してきました。

ビル管理会社の給料の中で、手当が占める割合はとても大きいです。

僕自身も給料全体の30%くらいが手当です。

色々な手当が組み合わさるので、『意外と給料貰えるな』と感じる事もあったりします。

しかし、あくまで手当なので、日勤のみの現場に異動になって宿直手当と深夜手当が無くなり、給料が一気に下がるということもあります。

スポンサーリンク

最後に

本記事では、ビル管理(ビルメンテナンス)会社で支給される手当について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

ビル管理会社ならではの手当も多いですよね。

手当は特に何もしなくても、毎月入ってくるのである意味おいしいです。

成果を上げなくも貰えるのも良いですよね。

ビル管理会社によって支給される手当には多少の違いもあるので、求人票を見る時や面接では必ず確認しておくのが大切です。

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの求人サイト|求人の探し方のコツ

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です