ビルメン(設備管理)の面接で落ちた場合の対応策【不採用の時】

ビルメン 面接 落ちた

ほとんどのビル管理・ビルメンテナンス会社では、選考時に面接が実施されます。

面接って苦手な方も多いのではないでしょうか?

本記事では、【ビルメン(設備管理)の面接で落ちた場合の今後の対応策】と言うテーマついて解説しています。

僕自身、複数のビル管理会社に転職をした経験があります。その時の経験をもとにして本記事を書いております。

こんな方にオススメの記事です。

  • ビル管理・ビルメンテナンス業界に興味がある。
  • 面接で不採用だったから今後の為に対策をしたい。
  • ビルメン向けの面接対策に興味がある。

上記に当てはまる方は是非、最後までご覧ください。

ビルメン(設備管理)の面接で落ちた場合の対応策【不採用だった時】

ビルメン 面接落ちた時の対応策

ビルメン(設備管理)の面接で落ちた場合の対応策としては、下記の通りです。

  • しっかりと面接対策をしてから面接に臨むようにする
  • 転職エージェントに相談してみる
  • 資格を取得する
  • 入社難易度の低いビル管理会社の選考を受ける

それぞれ解説していきます。

しっかりと面接対策をしてから面接に臨むようにする

面接で不採用となってしまった場合は、面接での受け答えが上手くできていなかった可能性があります。

しっかりと面接対策をすることで、選考を突破する確率を上げることができます。

前職の退職理由や志望動機など高確率で質問される内容に関しては、事前に回答を準備してスムーズに答えられるようにしておきましょう。

本ブログでは、ビルメン(設備管理)の面接関係の記事を他の記事でまとめています。面接対策をしたい方は是非ご覧くださいませ。

転職エージェントに相談してみる

面接で何回も不採用になってしまう場合には、転職エージェントに相談をしてみるのも有効です。

転職エージェントでは無料で面接対策を実施してくれます。

模擬面接などを行なってくれるケースもあるので、面接が苦手な方は一度相談してみると良いでしょう。

もちろん、面接対策だけで無く、自分に合った求人の紹介もしてくれます。

僕自身もビル管理会社への転職活動でエージェントを使った経験がありますが、とても役に立つことが多かったです。

ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想

資格を取得する

ビルメン(設備管理)は、資格が非常に重要視されます。

その為、資格の取得することで面接で採用される可能性を上げることができます。

ビルメンに必要な資格は下記などがあります。

  • 危険物取扱者 乙種4類
  • 2級ボイラー技士
  • 第2種電気工事士
  • 第3種冷凍機械責任者

 

関連記事:ビル管理(設備管理)に必要な資格一覧|取得するオススメの順番とは

転職活動に余裕がある場合などは、資格を取得してから選考を受けるのも良いかなと思います。

資格を持っている人と持っていない人では面接官の印象もだいぶ変わります。

【独特】ビル管理(設備管理)の世界では資格が重要視される3つの理由

入社難易度の低いビル管理会社の選考を受ける

ビル管理・ビルメンテナンス会社は、系列系と独立系に別けることができます。

系列系とは親会社を持っているビル管理会社のことです。

親会社の物件を管理することができるので、安定していますし待遇や福利厚生が良い傾向にあります。

反対に親会社を持たないビル管理会社を独立系と言います。

系列系のビル管理会社は給料や待遇が良いので、入社難易度がどうしても高くなってしまいます。特に大手の系列系にもなると尚更入社が難しいです。

面接で不採用が続く場合は、選考を受けるビル管理会社のレベルを下げるのも一つの方法かなと思います。

大手のビル管理会社だけで無く、中小や独立系も視野に入れて転職活動していけば内定は獲得できるはずです。

高望みをしすぎて無職の期間が伸びるよりも就職してしまった方が良いケースもあるでしょう。

ビルメンは転職が活発な業界です。中小や独立系のビル管理会社で経験を積んだ後に大手の系列系ビル管理会社に転職することは十分に可能と言えます。

渡り鳥ビルメンと言う言葉があるくらい転職する人が多い業界なので、ステップアップするチャンスはどこかであるはずです。

最後に

ビルメン(設備管理)の面接で落ちた場合の対応策についてのまとめ

本記事では、【ビルメン(設備管理)の面接で落ちた場合の今後の対応策】と言うテーマついて解説してきました。

改めてまとめると下記の通りです。

  • しっかりと面接対策をしてから面接に臨むようにする
  • 転職エージェントに相談してみる
  • 資格を取得する
  • 入社難易度の低いビル管理会社の選考を受ける

面接で不採用が続くと気持ち的に落ち込んでしまうことも多いかと思います。

ですが、面接対策などをしっかりと行なっていけば、必ずチャンスは訪れるはずです。

本記事の内容が少しでも転職活動の参考になれば幸いです。

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの求人サイト|求人の探し方のコツ

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想

おすすめ記事 【私物】ビルメン(設備管理)で使っている工具・道具を公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。