【キャリアアップ】ビルメン(設備管理)で出世する4つの道とは

ビルメン(設備管理)で出世(キャリアアップ)する4つの道とは

ビルメン(設備管理)の仕事って出世キャリアアップすることって可能なのかな?
出世する道ってどんなものがあるのか気になるなー。

本記事では、こう言った疑問に回答します。

僕自身、ビル管理会社を2社と複数の現場を経験してきているので、ビルメンのキャリアアップについてリアルな情報を提供できるかと思います。

こんな方にオススメの記事です。

  • これからビル管理・ビルメンテナンス業界に転職予定
  • ビルメンで出世やキャリアアップしたいと考えている
  • いずれは現場勤務から本社にステップアップしたい

【キャリアアップ】ビルメン(設備管理)で出世する4つの道とは

ビルメンで出世(キャリアアップ)する道は以下の4つがあります。

  • 現場内で役職や階級を上げる
  • 営業や本社勤務に回って出世する
  • ビルマネジメントにキャリアアップする
  • 系列系ビル管理会社にキャリアアップする

それぞれ具体的に解説していきます。

現場内で役職や階級を上げる

現場の中で役職や階級を上げていくのは、ビルメン(設備管理)の定番の出世パターンです。

ビル管理会社によって変わりますが、複数の階級が用意されていることが多いです。

  • 一般社員
  • 主任
  • 係長
  • 現場の副責任者
  • 現場の所長

上記の感じで、役職や階級が設定されていて、上にあがるほど給料もUPします。

ビルメンはしっかりと資格を取得していれば、ある程度までは簡単に階級が上がります。

会社によって、「ビルメン4点セット以上を取得していれば主任に昇格」などのルールがあるので、それを満たせば自然と階級が上がる感じです。

現場の所長や副責任者だと、【電験3種とビル管必須】のように条件が厳しくなるケースが多いです。

こんな感じで、ビルメン(設備管理)の現場で出世したい場合は、資格が重要になります。

営業や本社勤務に回って出世する

ビルメンの現場勤務から本社に出世するパターンもあります。

ビル管理会社の場合、現場勤務より本社勤務の方が給与体系が良いことが多いです。その為、本社勤務になれば給与が上がります。

  • 現場での知識を活かした技術営業
  • 人事部や総務部などのバックオフィス
  • 工事を担当する工事営業部

実際に上記のような部署に出世するケースを見たことがあります。

いちビルメンから本社の役員まで出世する人も稀にいたりします。

現場から本社勤務になる方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、興味がある方はご覧ください。

ビルメン(設備管理)から営業や本社勤務になる可能性【人事異動】

ビルマネジメントにキャリアアップする

ビルメン(設備管理)の知識や経験を活かして、ビルマネジメント(プロパティマネジメント)へキャリアアップする手段もあります。

ビルマネと略して呼ぶことも多いです。

ビルマネジメントの仕事内容は以下のようなものがあります。

  • 不動産を賃借するテナントの誘致、入居対応など
  • 建物内の館内規則等作成
  • 賃貸借業務の代行
  • 建物の物理的な維持・管理業務
  • 中長期に渡る修繕計画の作成

ビルメンは設備の点検や修繕対応が主な仕事ですが、ビルマネジメントはビルオーナーを代行するようなイメージです。テナントの誘致など建物運営全般に関わります。

ビルマネジメントはビルメン(設備管理)より上流の仕事になるので、給料は高い傾向にあります。

ビルメンとビルマネジメント(ビルマネ)の違いについては、下記の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は是非ご覧ください。

ビルメンからビルマネへ|両者の違いとは何?【完全に別物です】

系列系ビル管理会社にキャリアアップする

ビル管理・ビルメンテナンス業界は同業他社へ転職する方も多いです。

資格と実務経験があれば比較的転職もしやすいので、系列系ビル管理会社へキャリアアップすることも可能です。

僕自身も未経験でビルメンになりましたが、資格を取得しながら実務経験を積むことにより、待遇の良い系列系ビル管理会社へキャリアアップすることができました。

大手の系列系ビル管理会社にキャリアアップした感想|激務ではないです ビル管理(ビルメンテナンス)業界の系列系と独立系の違いを徹底比較

ビル管理会社によって待遇・福利厚生・年収は、かなり変わります。

系列系ビル管理会社へキャリアアップすることができれば、年収UPが望めます。また、年間休日も多いので、プライベートの面から見ても働きやすい環境を手に入れることができます。

キャリアアップの転職をする際は転職エージェントを利用するのがオススメです。

下記の記事でビル管理会社の転職にオススメの転職エージェントをまとめているので、興味がある方はご覧ください。

ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想

まとめ

本記事では、ビルメンで出世(キャリアアップ)する4つのパターンについて解説してきました。

改めてまとめると以下の通りです。

  • 現場内で役職や階級を上げる
  • 営業や本社勤務に回って出世する
  • ビルマネジメントにキャリアアップする
  • 大手のビル管理会社にキャリアアップする

ビルメン(設備管理)の仕事をしている方は、本社勤務やスーツを着た仕事は絶対にやりたくないと考える人も多いかと思います。

現場勤務でキャリアアップしたい方は、

  • 現場内で役職や階級を上げる
  • 大手のビル管理会社にキャリアアップする

上記の2つのパターンがオススメです!

反対に営業や本社勤務に抵抗がない方は、

  • 営業や本社勤務に回って出世する
  • ビルマネジメントにキャリアアップする

上記の2つのパターンに挑戦しても良いかなと思います。

 

おすすめ記事オススメ!ビル管理・ビルメン会社の口コミや評判をチェックする方法とは

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの求人サイト|求人の探し方のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です