ビル管理(設備管理)で土日休みは可能なの?【探せばあります】

ビル設備管理(ビルメンテナンス)の仕事は、中途入社も盛んなので、目指している方も多いかと思います。

本記事では、ビル管理の仕事で土日休みは可能なのかと言うテーマについて解説しています。

こんな方におすすめの記事です

  • これからビル設備管理(ビルメンテナンス)の仕事に転職予定
  • 土日休みの現場にいきたい
  • ビルメンの休み事情についてを知りたい

それでは、早速見ていきましょう!

ビル管理(設備管理)で土日休みは可能なの?

結論として、ビル設備管理(ビルメンテナンス)の仕事でも土日休みは可能です。しかし、どちらかと言うと特殊な部類に入るので、土日休みの現場を見つけるのは意外と大変です。

ビル管理の仕事は、基本的に建物を24時間管理します。その為、宿直と呼ばれる24時間勤務がどうしても発生してしまいますし、土日祝も誰かが勤務しなければなりません。

しかし、中には土日休みが可能な現場もあるので、いくつかご紹介したいと思います。

オフィスビルや大学がおすすめ

こちらの【注意】現場によってはビル管理って全然 楽じゃないですよの記事でも解説していますが、ビル管理の仕事は現場の種類によって大きく変わります。

商業施設やホテルなどは土日祝になると多数の人が来館するので、ビル管理(設備管理)もいつも通りの仕事をしなければなりません。

しかし、オフィスビルや大学は土日祝になると、来館する人がほとんどいないので、ビル管理(設備管理)の仕事が激減します。正直かなり暇です。

実際に僕が勤務しているオフィスビルも土日祝は平日と比べて、人員をかなり減らしています。

最低減の人だけ出勤して、後は休みといった感じです。その為、必然的に土日休みが多くなっています。

もちろん、交代で誰かは出勤しているので、全ての土日を休むことはできないですが、メインは土日休みです。

土日休みが欲しい方は、オフィスビルや大学を狙うのがオススメですね!

ビルメンやるならオフィスビルを目指すべきです|理由は単純明快

日勤のみ現場を狙う

基本的に、ビル設備管理(ビルメンテナンス)の現場は、宿直勤務があるのですが、中には日勤のみの現場もあったりします。

日勤のみの現場は、勤務が規則的になることが多いので、土日休みの可能性も高いです。

【日勤のみのオフィスビル】と言う現場があれば、ほぼ土日休み確定ですね。

関連記事:ビルメン【夜勤なし&日勤のみ】現場のデメリットとメリット|見つけ方も解説

責任者や副責任者になる

どんな現場でも、責任者や副責任者になると土日休みになることがほとんどです。さすがに、責任者が宿直をやることは無いですね。

実際にビル管理(設備管理)で土日休みの求人はあるのか?

実際に、ビル設備管理(ビルメンテナンス)で土日休みの求人があるのか調べました。

求人サイト

求人サイトで検索しても、ビル管理(設備管理)で土日休みの求人はいくつかありました。

  • ビル、施設の設備、建物管理スタッフ ◎土日休み
  • ビル設備管理/残業・夜勤・転勤なし/土日祝はお休み
  • 設備管理 土日休み、定時帰宅 (正社員)

上記の感じで、土日休みの求人も探せば結構でてきます。やっぱりオフィスビルが多いですね。

ビル管理(設備管理)にオススメの求人サイト|求人の探し方のコツ

転職エージェントに土日休みの求人を探して貰うのもオススメ

転職エージェントに頼んで、ビル管理(設備管理)の土日休みの求人を紹介して貰うのもオススメです!

僕自身、転職エージェントを利用して、大手のビル管理会社へ転職した過去があるのですが、求人を探す手間は確実に省けます。

転職エージェントは、自分の意思がしっかりしていないと、変な求人を紹介されたりと押しつけがましいこともあります。

しかし、明確に【土日休み】という条件を伝えておけば、ビル管理(設備管理)の土日休みの求人を紹介してくれますよ。

求人の紹介以外にも、

  • 面接対策
  • SPI対策
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接で聞きそびれた質問を代わりにしてくれる

上記のようなメリットもあります。

本気で土日休みの求人を探している方は、転職エージェントを利用するのがオススメですね。

ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想
スポンサーリンク

最後に

本記事では、ビル設備管理(ビルメンテナンス)で土日休みは可能なのかと言うテーマについて解説してきました。

土日休みはどちらかと言うレアケースですが、探せばあります。

やっぱり土日休みはオフィスビルの現場に多いので、オフィスビルを目指すのがオススメです。

しかし、オフィスビルのビル設備管理(ビルメンテナンス)は人気なので、求人は常にチェックしておいた方が良いかと思います。

『土日休みの良い求人があった!』と思ったら、既に定員オーバーしていたなんてなったらショックなので。早めの行動が大切ですね。

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの求人サイト|求人の探し方のコツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です