ビルメン(設備管理)に運転免許は必要なのか解説【運転することあるの?】

ビルメンテナンス(略して、ビルメン)は、設備の点検や修繕対応が主な仕事です。(※ビル管理や設備管理とも呼ばれます)

ビルメンは設備に関わるので、資格や免許が重要になる仕事でもあります。

では、運転免許はどうなのでしょうか?

本記事では、ビルメン(設備管理)に運転免許は必要なのかと言うテーマについて徹底解説しています。

こんな方におすすめの記事です

  • これからビルメンテナンス・ビル設備管理の仕事に転職予定
  • 運転免許を持っていないけど、ビルメンを目指している
  • ペーパードライバーなんだけど、ビル設備管理って車を運転する機会があるのか知りたい

ビルメン(設備管理)に運転免許は必要なのか

車 運転

結論として、ビルメン(設備管理)の仕事に、運転免許は必ずしも必要ではありません。

もちろん運転免許を持っていると、できる仕事は増えます。しかし、絶対に必要な免許では無いですね。

ビルメン(設備管理)は基本的に一つの建物内で勤務する

こちらのビルメン(設備管理)の通勤ってどんな感じ?【服装はスーツ?】記事でも解説していますが、ビルメンは配属された現場に直行直帰が基本です。

出勤してから退勤するまで、建物内で仕事をするので、車を運転する機会は基本的にはありません。

車を運転する機会が無いので、運転免許はいらないです。

僕自身、ホテルとオフィスビルの現場を経験していますが、仕事中に車を運転したことは一度も無いです。

現場によっては仕事中に車を運転する場合も・・・

ビル管理の現場には、いろいろな種類があります。

  • オフィスビル
  • ホテル
  • 病院
  • 商業施設
  • 大学(学校)

など、本当に様々です。

配属される現場によっては、稀なケースですが業務内で車を運転することがあります。

例えば、以下のような現場です。

  • 郊外にある広大な敷地を持つ大学
  • 複数の棟を管理するリゾートホテル

敷地面積が広い現場や複数の棟を管理する現場の場合、敷地内の移動に車を使うことがありますね。

僕が以前勤務していたビル管理会社のあるリゾートホテルの現場では、水道メーターが敷地の遠いところにあり、車を使って検針しにいく業務がありました。

こんな感じで、現場によっては、車を運転する現場もあったりします。しかし、これは極めて稀なケースです。こんな現場もあるんだくらいに聞き流して貰えればと思います。

巡回型のビルメン(設備管理)をやりたい場合は、運転免許は必須

上記で解説しましたが、ビルメン(設備管理)は基本的に運転免許は必要ありません。

しかし、これはあくまで一つの建物に常駐する現場においてです。

ビル管理の方式には、複数のビルや建物をまとめて管理する巡回型も存在します。

  • 常駐型のビルメン:大型のビルに常駐して、そのビルだけを管理する
  • 巡回型のビルメン:複数の小規模ビルを巡回しながら管理する

両者の違いは、上記の感じです。詳しくは下記の記事で画像を使いながら解説しています。

関連記事:ビル管理(設備管理)の巡回と常駐の違いを徹底解説【画像付き】

巡回型のビルメンは、複数のビルや建物を移動しなければいけないので、車の運転が必要になります。その為、運転免許は必須です。

巡回型のビルメンは毎日のように車の運転をします。夜間にトラブルや警報があれば、夜間でも車で出動することになります。

車の運転が好きな人は良いですが、運転が嫌いな方やペーパードライバーの方は、巡回ビルメンはかなりきついと思うので、避けた方が無難です。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、ビルメン(設備管理)に運転免許は必要なのかと言うテーマについて解説してきました。

改めてまとめるとこんな感じです。

  • ビルメン(設備管理)は配属された現場内で勤務するので、基本的に運転免許は必要なし。
  • 現場の種類によっては、極まれに業務内で車を運転することがある
  • 巡回型のビル管理は車で移動するので、運転免許は必須

巡回型のビル管理をやりたい人は運転免許は必ず必要ですが、そうで無い方は運転免許は必要は無いですね。ビルメンになる為に、無理して運転免許を取得する必要は無いかなと思います。

運転免許では無く、ビル管理に必要な技術的な資格の方が必要性は遥かに高いです。

下記記事でビル管理の資格について詳しく解説しているので、興味がある方は是非ご覧ください。

ビル管理(設備管理)に必要な資格一覧|取得するオススメの順番とは

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの求人サイト|求人の探し方のコツ

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です