ビルメン(設備管理)のハズレ現場を避ける方法【現場ガチャを回避】

ビルメン ハズレ現場 ガチャ

ビルメン(設備管理)は建物の点検や修繕をするのが主な仕事です。

基本的には配属された管理物件(現場)が勤務場所になります。

しかし、現場によって仕事の大変さが大きく変わるのが現状です。

本記事では、ビルメン(設備管理)入社時にハズレ現場を回避する方法について解説しています。

僕自身、ビル管理会社2社と複数の現場の経験があります。その経験をもとにして本記事を書いております。

こんな方にオススメの記事です。

  • ビル管理・ビルメンテナンス業界に転職予定の方。
  • どんな現場がハズレなのか興味がある。
  • 現場ガチャを回避する方法を知りたい。

上記に当てはまる方は是非、最後までご覧ください。

ビルメン(設備管理)の現場について

ビルメン 現場

まずは、簡単にビルメン(設備管理)の現場について解説していきます。

ビルメンの現場には、下記のような種類があります。

  • ホテル
  • 病院
  • オフィスビル
  • 大学(学校施設)
  • 商業施設

一般的にホテルや病院など24時間稼働している現場は激務になりやすいです。

反対にオフィスビルや学校施設は楽な現場と言われることが多いです。

ビルメンの仕事は現場によって忙しさやきつさが異なります。

やっぱりきつい現場はハズレ現場と思われることが多いかなと思います。

【注意】現場によってはビル管理(設備管理)って全然 楽じゃないですよ ビルメン 激務現場 辛い辛い&大変【ビルメン 激務現場ランキング】公開します|実はメリットも

現場ガチャとは

ビル管理会社に転職する際、中途入社の場合は配属現場の希望をある程度は聞いてくれることも多いです。

しかし、会社によっては入社してから配属が決まる可能性があります。

どの現場に配属されるのか未知数なので、現場ガチャと言われたりします。

ビルメン(設備管理)入社時にハズレ現場を回避する方法【現場ガチャ対策】

ビルメンのハズレ現場を回避する方法

ビルメン(設備管理)入社時にハズレ現場の回避する方法は下記の通りです。

  • 面接や内定後に最初に配属される現場を確認する
  • 選考を受けるビル管理会社の管理物件をチェックしておく
  • 会社の口コミは評判を確認する

それぞれ解説していきます。

面接や内定後に最初に配属される現場を確認する

ビル管理会社の面接を受ける時には、最初に配属される現場について確認するのが良いでしょう。

入社前に配属先が分かっていれば、ハズレ現場を回避することができます。

僕自身も何社かビル管理会社の面接を受けた経験がありますが、最初の現場については面接で教えてくれる会社も多いです。

しかし、こちらから聞かないと教えてくれない会社もあったので、少し注意が必要かなと思います。

現場ガチャを回避する為にも、選考の時には配属現場について確認しておきましょう。

面接中に聞きにくい場合は、内定後の交渉の時に聞いて見るのも良いと思います。

選考を受けるビル管理会社の管理物件をチェックしておく

ビル管理会社の管理物件をチェックしておくこともハズレ現場を回避するには有効です。

例えば、オフィスビルが希望の場合は、オフィスビルをメインに扱っているビル管理会社を受けるようにしましょう。

オフィスビルが希望なのに、ホテルや商業施設をメインに扱っている会社を受けてしまうとミスマッチになってしまいます。

ビル管理会社の管理物件は、会社のホームページに記載されていることがほとんどです。

転職サイトにも管理物件の情報が載っていることもあります。

選考に応募する前には目を通しておきましょう。

会社の口コミは評判を確認する

入社前にビル管理会社の口コミや評判を確認しておくと安心です。

実際に現場で働く人の声は参考になることも多いです。

あまりにも評判が悪い場合は、その会社は避けた方が良いかもしれません。

ビル管理会社の評判を調べる方法については、下記の記事で解説しています。

ビル管理・ビルメン会社の口コミや評判をチェックするオススメの方法オススメ!ビル管理・ビルメン会社の口コミや評判をチェックする方法とは
スポンサーリンク

転職エージェントを利用すると現場ガチャを回避しやすい

ビルメン 転職エージェント

ビルメン(設備管理)の現場ガチャを回避するには、転職エージェントを使うのもオススメです。

転職エージェントには下記のようなメリットがあります。

  • 履歴書や職務経歴書に困らない
  • 企業との日程調整が楽
  • 面接対策を無料で受けられる
  • 企業への質問や交渉を代わりにしてくれる

企業への質問や交渉も代理で行って貰えるので、配属現場についても事前に確認しやすいです。

僕自身も転職エージェントを利用してビル管理会社に転職した経験がありますが、便利なことも多かったです。

自分で質問や交渉するのが苦手と言う方は、転職エージェントを使って就職活動をするとメリットが大きいかなと思います。

ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想

本記事のまとめ

ビルメン(設備管理)のハズレ現場を避ける方法についてのまとめ

本記事では、ビルメン(設備管理)入社時にハズレ現場を回避する方法について解説してきました。

改めて回避方法をまとめると下記の通りです。

  • 面接や内定後に最初に配属される現場を確認する
  • 選考を受けるビル管理会社の管理物件をチェックしておく
  • 会社の口コミは評判を確認する

ビルメン(設備管理)は配属された現場が勤務場所になるので、配属現場はとても重要です。

ハズレ現場に配属されてしまった場合は、入社後に後悔してしまう可能性が高いです。

なるべく現場ガチャを回避する為にも入社前に現場について確認しておくことが大切です。

ビル管理(設備管理)にオススメの転職エージェント|実際に使った感想

人気記事ビル管理(設備管理)にオススメの求人サイト|求人の探し方のコツ

おすすめ記事 【私物】ビルメン(設備管理)で使っている工具・道具を公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。