エネループ対応のジェントス【閃 SG-355B】をレビュー!【価格は?】

GENTOS(ジェントス)は日本でトップシェアを誇るLEDライトメーカーです。そのジェントスの中でも閃シリーズはとても人気が高いです。

本記事では、ジェントスの閃シリーズの中でもエネループ対応タイプの【閃 SG-355B】をレビューしていきたいと思います。僕自身も仕事で実際に使っていたことがあるモデルです。

使い勝手や価格も解説していますので、これから懐中電灯やライトを購入予定の方は是非最後までご覧ください。

エネループ対応のジェントス【閃 SG-355B】をレビュー

ジェントス閃 SG-355B 

上記の画像がジェントスの【閃 SG-355B】です。

ボタンの部分までオールブラックでデザインされているので、見た目はかなりかっこいいです。

サイズ感と重さ

  • 縦:約10㎝
  • 直径:約2.5㎝

かなりコンパクトなサイズ感です。重さも電池を入れて100g程度なので軽いです。手の小さい方でも片手で十分に扱うことができます。

電池式(エネループ対応)

ジェントス閃 SG-355B 分解

【閃 SG-355B】は電池式のモデルです。単4電池が3本必要になります。上記の画像のようにスイッチ部分が回る仕組みになっているので、電池交換が可能です。

【閃 SG-355B】の一番のメリットはエネループ(eneloop)に対応しているということです。

※エネループとは充電式の電池のことで、充電することで繰り返し使うことができます。

電池式のLEDライトだとどうしても電池代が嵩んでしまいますが、SG-355Bはエネループを使用できるので、電池代を最小限に抑えることができます。

明るさ(フォーカス)

ジェントス閃 SG-355B

【閃 SG-355B】の明るさは100ルーメンです。日常的な場面で使う分には申し分無いですが、ジェントス製品にはもっと明るいLEDライトがたくさんあるので、それらと比較すると明るさは劣ります。

フォーカスはライトの先端を回すことで可能です。回さないといけないので、片手でフォーカスするのは少し難しいです。両手を使えば簡単にできます。

【閃 SG-355B】にはフォーカス以外にも点滅機能があります。自転車のライトとして使うなら便利な機能ですね。

稼働時間は、点灯状態だと約10時間、点滅機能で使用すると約22時間です。

ジェントス【閃 SG-355B】のデメリットとメリット

実際に僕がジェントスの【閃 SG-355B】を使用していた時に感じたデメリットとメリットをご紹介します。

デメリット

明るさが少し物足りない

SG-355Bの前にSG-335を使っていたので、明るさに物足りなさを感じました。

僕はビル管理(ビルメンテナンス)の仕事をしており、暗い中での作業中にLEDライトを使用します。作業中の手元を照らすには、できるだけ明るさが欲しいので、SG-355Bでは少し不十分に感じましたね。

関連記事:人気のビル管理(設備管理)の仕事内容を【画像付き】で解説します

ジェントスの閃シリーズにはもっと明るいモデルがあるので、明るさを求めている人はそちらをオススメします。

関連記事:ジェントスのおすすめ懐中電灯(ライト)【閃シリーズ】を比較【実際に使用】

点滅機能が面倒

SG-355Bは点滅機能があります。個人的に点滅機能は全く使わなかったので、邪魔になりました。

  • スイッチを押す→点灯→スイッチを押す→点滅機能→スイッチを押す→消灯

こんな感じで、ライトを消すには点滅機能を挟まないといけないので、2回スイッチを押さなければなりません。

点滅機能を使わない人は少し操作が面倒になります。

反対に自転車で使用する人にとっては点滅機能は便利だと思います。

メリット

軽くてコンパクト

SG-355Bはかなりコンパクトな設計なので、持ち運びしやすいのは大きなメリットですね。ポケットに余裕で入る大きさですよ。

また、長さも10㎝程度なので、両手で作業をする時に口に咥えられる大きさというもの便利です。

エネループ(eneloop)が使用できる

SG-355Bはエネループに対応しているので、電池代を削減することができます。電池式のLEDライトは電池交換で出費が嵩んでしまうので、エネループが使用できるのはかなりのメリットです。

オールブラックでかっこいい

ボタンまでオールブラックでデザインされているので、かっこいいです。

ホルダーが付いているので自転車でも使用できる

SG-355Bには自転車に取り付けられるホルダーが付いているセットがあるので、自転車のライトとしても使用できます。

アウトドア好きな方にはピッタリです。ロードバイクにSG-355Bを取り付け自転車用のライトとして使用して、目的地に着いたら懐中電灯として使用するといった使い方もできますね。

スポンサーリンク

価格

ジェントス【閃 SG-355B】の価格はショップや販売店によって変わってきますが、3,000円~5,000円程度となっています。

楽天やAmazonだと2,000円代で買えることもあるので、是非チェックしてみてください!

エネループの価格

SG-355Bはエネループに対応しているので、エネループも合わせて購入するのがオススメです!Amazonや楽天なら4本入りが1000円程度で購入可能です。一度買ってしまえば電池代の心配がいりません。

最後に

本記事では、GENTOS(ジェントス)の閃シリーズの【SG-335】をレビューしてきました。

いかがだったでしょうか?

SG-335は閃シリーズの中でもコンパクトですし、自転車用のホルダーも付いているので、色々な用途に使える万能なLEDライト言えます。

エネループにも対応しているので、使い勝手も良いです。

明るさは重視しないで、使いやすくて経済的なLEDライトを探している方にはピッタリかなと思います。

他の閃シリーズも見てみたい方はこちらの記事もオススメです

ジェントスのおすすめ懐中電灯(ライト)【閃シリーズ】を比較【実際に使用】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です