夜勤の仮眠で寝袋を使うのはあり?【おすすめの寝袋も解説】

夜勤 仮眠 寝袋

夜勤や宿直勤務がある仕事では、職場で仮眠を取る必要があります。

ですが、職場の仮眠室の環境によっては、なかなか寝付けないと言う方も多いのではないでしょうか?
他人と同じベッドやシーツを使いたくないという方もいらっしゃると思います。

そんな時に便利なのが寝袋です。

本記事では、夜勤・宿直におすすめの寝袋をご紹介しています。

僕自身、設備管理の仕事で夜勤と宿直勤務を経験してきました。その経験をもとに本記事を書いております。

こんな方にオススメの記事です。

  • 看護師・介護・工場などの夜勤がある仕事に就いている。
  • 夜勤で寝袋を使うのはありなのか知りたい。
  • 仮眠時におすすめの寝袋を探している。

上記に当てはまる方は是非、最後までご覧くださいませ。

夜勤の仮眠で寝袋を使うのはあり?

夜勤で寝袋を使うのありかについて

結論として、夜勤や宿直勤務で寝袋を使うのはおすすめです。僕自身も寝袋を勤務先に持ち込んで使っていた経験があります。

仮眠室は他のメンバーと共同で使用することも多く、他人と同じベットを交代で使わざるを得ないケースがほとんどかと思います。

誰か他の人が寝た後のベットは使いたくないと思う人も多いのではないでしょうか? 潔癖症の方は特にそうだと思います。

寝袋を使用することで自分だけの仮眠スペースを作ることができるメリットがあります。

  • 他人が使ったベットやシーツに抵抗がある方
  • 自分専用の環境で仮眠を取りたい方
  • 自分に合った素材の寝具で仮眠を取りたい

上記に当てはまる方は、夜勤の仮眠時に寝袋を使用するのはありかなと思います。

薄くてコンパクトな寝袋を選べば、職場のロッカーに収納しておくことが可能です。職場の邪魔にならずに使用することができます。

夜勤・宿直でおすすめの寝袋 3選

夜勤・宿直でおすすめの寝袋

夜勤・宿直でおすすめの寝袋は、下記の通りです。

  • LEEPWEI 
  • CYCLETRACK
  • コールマン(Coleman) 

それぞれご紹介していきます。

LEEPWEI

上記はLEEPWEIの寝袋です。

内側の生地に保温性・吸湿性・通気性に優れた素材が使われています。夏には涼しく、冬には暖かく、どのシーズンでも使いやすい寝袋です。

丸洗いもできるので清潔に保つことができます。

収納サイズは約35×17cmです。職場のロッカーなどに収まるサイズ感かなと思います。

CYCLETRACK

上記はCYCLETRACKの寝袋です。

畳んだ時のサイズ感が薄くてコンパクトなのが特徴になります。

持ち運びもしやすいのですし、職場のロッカーなどにも余裕で収まるサイズ感です。

洗濯機で丸洗いも可能なので清潔に使うことできます。

コンパクトさを重視する方には特におすすめの寝袋です。

コールマン(Coleman)

上記はアウトドアのブランドで有名なコールマンの寝袋です。

アウトドアのブランドだけあって暖かく使い心地も抜群です。

サイズ感が少し大きいので持ち運びには向かないですが、職場のロッカーに置いておけば問題無く使えるかなと思います。

洗濯機での丸洗いも可能です。

使い心地や暖かさを重視する方におすすめです。

スポンサーリンク

アイマスクなどの仮眠グッズの併用もおすすめ

夜勤 アイマスク

職場の仮眠室は微妙に明るかったり、音が気になる場合も多いかと思います。

そんな時は寝袋と合わせてアイマスクや耳栓を併用するのもおすすめです。

下記の記事で夜勤時におすすめのアイマスクや耳栓について解説しています。

最後に

夜勤の仮眠で寝袋を使うのはありなのかについてのまとめ

本記事では、夜勤・宿直におすすめの寝袋をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

夜勤や宿直はとても大変な勤務スタイルなので、仮眠はとても大切です。

仮眠スペースの環境が気になって仮眠が取れないという方は、寝袋を試してみる価値は大いにあるかなと思います。

寝袋にも複数の種類があるので、自分に合ったものを選びましょう!



夜勤・宿直 おすすめの睡眠グッズ夜勤・宿直でおすすめの睡眠グッズ7選【仮眠時に便利】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。